末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

再生医療で使う幹細胞は、よくはたらくって? はたらく細胞、本当!

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

再生医療で使用する幹細胞はよくはたらきます。幹細胞は、はたらく細胞を生み出す親の細胞でもあります。

免疫細胞

 
まず、再生医療のことをもう少し話しますね。
 
再生医療には、「内在性幹細胞を活性化して組織の再生を促す薬物療」と「外部から細胞を移植する細胞治療」とがある。さらに細胞治療は、①細胞から生産される栄養因子による組織修復を狙うものと、②移植細胞によって障害された細胞を置き換える治療に分けられ、それぞれ移植する細胞に求められる条件が異なる。
 
幹細胞にはその組織を形づくる多種類の細胞への分化能(多分化能)をもつ体性幹細胞、三胚葉の細胞へと分化する能力(多能性)をもつ胚性幹細胞(ES細胞)、人工多能性幹細胞(iPS細胞)があり、現在は主に体性幹細胞を用いた細胞移植が世界中で行われている。またこれまでに、ES細胞は網膜および脊髄に、iPS細胞は網膜に応用されている。
 
再生医療には、いくつかの方法と目的はあり、それぞれで必要とする移植細胞が異なる。どのようなな効果をもくてきとしているかを考えて計画を練る必要があります。
はたらく細胞の幹細胞の種類は、それぞれの文華能の違いなどを把握して、移植細胞源を考えます。これまで体性幹細胞が細胞医療の主力であったが、最近はES細胞やIPS細胞を用いた細胞治療が始まっている。
 
さて、なんで幹細胞は、よくはたらく細胞と言えますでしょうか?
 幹細胞は、自己複製能と多分化能を持つ細胞です。自分のような細胞をどんどん複製し、他の細胞に分化していきます。
 
 「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」(再生医療等安全性確保法)はあります。
第1種再生医療等に分類されるES細胞やiPS細胞、
2種再生医療等に分類される体性幹細胞、
3種再生医療等に分類される免疫細胞を用いる治療は厳重に安全性が監視されています。