末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

【成長因子】はアンチエイジングのカギ!

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

ドクターアンディーズクリニックで扱われている製品は、骨髄幹細胞培養液やドクターアンディーの最先端技術経皮吸収システムを使用しております。骨髄幹細胞培養液には、アンチエイジングにおすすめしたいさまざまな成分が含まれています。

数ある成分のなかでも、特に注目していただきたいのが成長因子です。普段、生活するうえではこの言葉にあまり馴染みがないかもしれませんが、若々しさを保つうえでは欠かせないものになります。この今回は成長因子を詳しくご紹介します。

若々しさを生み出すものとは?

加齢により体の不調や肌トラブルが増えてきますよね。一体なぜこのようなことが起こってしまうのでしょう。そのメカニズムを解き明かすカギとなるのが、ヒト成長ホルモン(hGH)と呼ばれるホルモンと成長因子なのです。

■ヒト成長ホルモンとは
ヒト成長ホルモンは、体の健康を保つうえで欠かすことができないホルモンです。ただ、20歳前後で分泌量のピークを迎えるとそれ以降は減少の一途をたどります。
例えば、40歳台ではピーク時と比べると1/2に、50歳過ぎると1/4になるといわれているほど。 ヒト成長ホルモンの分泌量の減少と反比例するかのように、肌の老化や体の不調など数々の老化現象が起こるようになります。こういったことから年齢を重ねても若々しくいるためには、ヒト成長ホルモンを分泌させることが重要になってくるのです。

■成長因子 近年、成長因子がヒト成長ホルモンを活性化する働きがあると判明したのです。そのため、成長因子を増やすことが若々しさに繋がるといえるでしょう。成長因子は、「グロースファクター」や「GF」「情報伝達因子」という名称で呼ばれたりします。そして、「細胞の種類によって働く成長因子が異なる」「細胞へ増殖や分化などの情報伝達を行う」といった特徴があります。

成長因子の一例
若々しさを保つうえで欠かせない成長因子。その一部をご紹介します。表皮細胞成長因子「EGF」肌の外側にある表皮細胞を増殖させ、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを整えます。それにより、シミやくすみ解消が期待できます。線維芽細胞成長因子「aFGF」肌の奥側にある真皮層に働きかけます。
その結果、エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸が増殖してたるみが解消され、肌にハリが戻ります。インスリン様成長因子「IGF」ダメージを受けた肌を回復させたり、エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸の生成を助けたりします。トランスフォーミング成長因子「TGF-β」肌に潤いを与えたり、敏感肌を改善したりする働きがあります。
細胞レベルで若々しさを生み出してくれる成長因子は、アンチエイジングを叶えるために欠かせない成分。ドクターアンディーズクリニックのコスメには骨髄幹細胞培養液由来の成長因子が多く含まれています。

■顔用と身体用……2本セットで100,000円(1ヶ月分)

成長因子を活発に働かせるためにも、このような幹細胞コスメを毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

詳しくは、クリニックまで、お問い合わせください。