末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

がん組織が不均一な細胞の集合体である限り、治療戦略が必要です。高濃度ビタミンC:その(2)


医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

高濃度ビタミンCは、がんに有効性が世界中注目されています。2つ論文を紹介しますね。
1.論文名:「High-Dose Vitamin C Helps Prevent Recurrence of Stage IV Ovarian Cancer: A Case Report」JOURNAL OF ORTHOMOLECULAR MEDICINE VOLUME 33, NUMBER 4, AUGUST 2018
【論文概要】ステージIVの卵巣癌は90%-95%の高い再発率があります。栄養補助食品と高濃度のビタミンC点滴(IVC)療法の併用は、癌の再発防止に役立ちます。IV期の卵巣癌患者は、従来の治療が完了した直後にIVC療法を開始しました。この患者は、25g/日の投与量でIVCを28日間連続して行うプログラムを開始し、75g/日まで徐々に増加しました。これに続き、頻度は12ヶ月に渡る週に2回から徐々に減らし、75g/日を3?4週間に1回へとゆっくりと減少しました。患者はまた、サプリメント、運動およびデトックスとケトン食療法を採用しました。経過は血液検査によってモニターされ、3〜6ヶ月ごとにスキャンされました。
初期の予後不良と後期卵巣癌の高い再発率にもかかわらず、この患者は診断から5年間癌がなく、質の高い生活を楽しんでいます。高濃度のIVCはがん患者の回復を高め、生存期間の延長を増すと論文で発表されています。最近の研究では、IVC療法が放射線と化学療法の癌細胞への殺傷効果を高め、そして血液癌細胞のエピジェネティックな調整を誘導するのを助けることを示されています。それは化学療法抵抗性の癌幹細胞を殺すのに効果的です。
高濃度のIVCは安全で費用対効果が高く、優れた抗炎症作用と潜在的な抗癌作用があります。がん患者は良好な生活の質を維持し、潜在的に生存期間を延ばすために、従来の腫瘍治療の完了時に高濃度のIVC療法を検討することが推奨される。
論文(英語)はこちらから
2.論文名:「Metabolic Correction Therapy as Adjuvant Treatment for Breast Cancer Patients: A Case Report」JOURNAL OF BREAST CANCER SURVIVAL Vol-1 Issue 1, January 2018
【論文概要】乳がんは世界中の女性で最も一般的ながんです。米国では、女性の癌による死亡の2番目に多い原因です。 2008年から2012年の間、プエルトリコでは乳がんが最も診断された癌であり、女性の癌による死亡の主な原因でした。これは、IV期の右乳癌と診断された54歳の女性の症例です。患者の不満は衰弱と右胸部潰瘍でした。彼女は代謝補正療法を始めました。それは、高濃度のビタミンC注入、栄養補給計画、パレオダイエットから成っていました。治療中、グリコヘモグロビンと癌胎児性抗原の両方のレベルが著しく減少し、右胸部潰瘍の大きさも減少して、患者の生活の質が向上しました。長年にわたり、ビタミンC研究は悪性細胞に対する細胞傷害作用を論証しています。我々はこの症例の結果に基づき、ビタミンC点滴注入と代謝補正計画を含む、癌患者のための出来る限りの補助療法を研究し続けることを提唱します。
論文(英語)はこちらから
高濃度ビタミンCについてのお問い合わせは、医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックまで。