末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

糖尿病の治療に水素が効果的?

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

前回、糖尿病を発症する原因と症状などについてお話しました。

いまや日本人の5人に1人が発症する可能性のある糖尿病。
近年、その予防と改善に「水素」が効果的なのではないかと注目を集めています。
今回は、水素が糖尿病に与える効果についてお話します。

水素が膵臓の働きを守る?

糖尿病が発症する原因のひとつとして、インスリンの分泌量の低下が挙げられます。

インスリンを生成しているのは、膵臓のβ細胞です。このβ細胞は酸化によるストレス(活性酸素)に非常に弱いため、悪玉活性酸素の増加もβ細胞の機能低下を招く原因のひとつと考えられています。
さらに、体内で発生する悪玉活性酸素は、血中のブドウ糖をエネルギーに変換してくれるミトコンドリアの働きも弱めてしまいます。

そこで注目されているのが、悪玉活性酸素の除去作用の高い「水素」です。
水素が活性酸素を除去することで膵臓のβ細胞が受ける負担を減らし、細胞を守ることで機能不全を予防してくれると言われています。

糖尿病の合併症も予防!

体内の血糖値が高い状態が続くと、「糖化反応」というものが起こります。
本来血管を作るためのタンパク質が「糖化タンパク質」に変わってしまうことで、血管が正常に作れなくなってしまうのです。

この糖化反応の過程で悪玉活性酸素が大量に発生するため血管が傷つき、血管トラブルによる失明や心筋梗塞、脳梗塞といった合併症を引き起こしてしまいます。
水素によって悪玉活性酸素を取り除くことは、糖尿病の合併症を予防することにも繋がるのです。

Dr.アンディーズクリニックの水素酸素治療


水素で生活習慣病を予防
Dr.アンディーズクリニックでは、最先端の水素酸素治療を導入しています。
水素を溶かした生理食塩水を点滴で直接血中に注入する「水素点滴」と、高濃度の水素酸素を直接鼻孔に送り込む「水素酸素吸入」の2つの方法で、水素を効果的に体内に取り込むことができるのです。
水素は体に害を与える可能性がないため、大量に体内に取り込んでも副作用を起こす心配はありません。
さらに、耐性がついて効能が弱まってしまうという恐れもなく、取り入れたら取り入れただけ効果を得ることができるのです。

活性酸素を除去することは、糖尿病とその合併症の予防だけではなく、エイジングケアやアトピーなどの慢性的疾患の緩和にも効果があるとされています。Dr.アンディーズクリニックが導入している最先端の水素酸素治療で、驚くべき水素の効果を実感してみてください。