末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

樹状細胞ワクチン療法の要となる「アフェレーシス」とは

アフェレーシスによる成分採血とは?


医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

医療業界では専門的な用語がたくさんあります。
樹状細胞ワクチン療法で使用される「アフェレーシス」というのも、そのひとつだといえるでしょう。
免疫療法で使用されているアフェレーシスとは一体どのようなものなのか、分かりやすくご説明します。

アフェレーシスとはどんなもの?

アフェレーシス(apheresis)はギリシア語で「分離」を意味する、血液浄化療法のひとつです。
一般的に血漿交換や血漿吸着療法、二重濾過法、直接血液灌流(かんりゅう)法、白血球除去療法などで使用されます。

樹状細胞ワクチン療法においては、「アフェレーシス」を樹状細胞ワクチン療法内で使う成分採血のマシン、もしくは成分採血そのものを指すことが一般的です。

アフェレーシスによる成分採血とは?

アフェレーシスによる成分採血とは?


成分採血とは、血液中のある成分だけを採血する方法です。
樹状細胞ワクチン療法において必要となる樹状細胞を培養するには、白血球の一部である単球を取り出す必要があります。
そのためにアフェレーシスを行います。

アフェレーシスにかかる時間&仕組み

採血した血液は、アフェレーシスのマシンを通る途中に遠心分離されて必要な成分のみを取り出します。
樹状細胞ワクチン療法の際に必要としない血液成分は、マシンを通り再び体内へと戻されます。
血液内には白血球以外にも血漿や血小板、赤血球などがありますが、比重が違うため遠心分離にかけることで単球を含む単核球画分だけを取り出すことができるのです。

アフェレーシスには約2~3時間かかるので、当日は時間に余裕を持っておくと良いでしょう。

アフェレーシスで取り出した単球をどうするの?

アフェレーシスで取り出した単球は、細胞を刺激するサイトカインと呼ばれるタンパク質などを使って樹状細胞へと培養していきます。
そして培養した樹状細胞に、がんの目印となる人工的に作った抗原ペプチド、もしくは患者様本人のがん組織に含まれる抗原を提示させます。

その後、注射で体内に樹状細胞ワクチンを入れ、がん細胞のみを攻撃する細胞傷害性T細胞を増加させることで免疫力アップを図るのです。

アフェレーシスは、樹状細胞ワクチン療法において必要な単球を取り出すためには必要不可欠なものといえます。

アフェレーシスがあるからこそ樹状細胞ワクチン療法が成り立つともいえるでしょう。
治療の際にあまり耳慣れない言葉を聞くと、時に理解が追いつかなく不安を覚えることもあるでしょう。
気になることはその都度担当の医師にひとつひとつご質問して、治療前に不安を解消するようにしてください。