末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

がんとは何ですか?

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

ヒトの身体は、約60兆もの膨大な細胞で構成されています。そして、細胞に保存されて毎日のようにコピーされている遺伝子がミスコピーされることで遺伝子にダメージを与え、それによりがん細胞が生まれてしまいます。ちなみに、このがん細胞が1cmの大きさになるまでには、5~10年かかると考えられています。がん細胞はとどまることを知らない増殖機能を持ち、正常組織を侵して周辺組織に浸潤、さらに全身(肺、肝臓、リンパ節など)臓器にも転移して正常組織の機能を損なわせ、生命を脅かします。

■がんの種類
がん種や名称は多様で一般的には、がんができた臓器名の後ろに「〜がん」や「〜腫瘍」をつけて分けます。この「腫瘍」と言うのは、「細胞が暴走・増殖してできた塊」と定義することができ、がんが発症する組織による分類もあります。
•上皮細胞(消化管粘膜や肝細胞などの細胞表皮部分)由来の悪性腫瘍=「癌」。
•非上皮細胞(骨、軟骨、筋肉など、臓器を結合する組織細胞)由来の悪性腫瘍=「肉腫」。
•造血器(血液、リンパ液、骨髄)由来の悪性腫瘍=「白血病」、「悪性リンパ腫」などと呼ぶ。
一般的には、漢字の「癌」+「肉腫」を総称して「がん」と表現していますが、簡単に言えば、「がん」の方が広い意味になります。

■︎がん腫(上皮細胞から発症)

分類がんの発生する部位特徴
扁平上皮がん皮膚、食道、喉頭、口腔、膣、陰茎、陰嚢、外陰、上顎、子宮頚部、肺リンパ腺、血管を通って他臓器に転移しやすい
腺上皮がん胃、腸、乳房、肝臓、腎臓、胆のう、前立腺、甲状腺、卵巣、子宮体部、肺内臓に発生する。腺がん内でも分化度が低く、硬い線維構も分化度が低く、硬い線維構のものを硬がん(スキルス)と呼ぶ。
未分化がんどの臓器にも発生する扁平上皮がんか腺上皮がんか分類できず、好発部位も特に決まっていない。

■肉腫(上皮細胞以外の細胞に発症)

分類がんの発生する部位特徴
肉腫骨、筋肉、繊維細胞(神経細胞)など胃、腸などの筋細胞や、一部の
悪性リンパ腫・白血病リンパ節、脾臓、扁桃、骨髄造血細胞のがんで、血液の悪性腫瘍とも呼ばれる

■なぜ、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は優れているのか?
1.がん細胞のみを殺すことができる
2.正常細胞を傷つけない。むしろ、活性化させる
3.副作用(薬害)が少ない
4.耐性がない
5.体内での蓄積性がない
上記のように、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素はがん細胞のみを殺すことができ、正常細胞を傷つけないうえ、活性化させます。さらに副作用も少なく、耐性や体内での蓄積性もありません。一方、抗がん剤等に対しては、がん細胞は耐性を持つようになります。また、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は体内での蓄積性もありません。体内での作用時間は2時間であり、その後は尿とともに体外に排出されます。そのため2時間おきの服用が望ましいですが、体内での蓄積性がなく、安全性が高いと言えます。一方、抗がん剤は種類にもよりますが、体内から安全に排出されるのに2年程度が必要であると言われています。だから、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療は優れているわけです。

詳しくはココから
http://future-drandy.com/new/3061/