末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

サイトカイン療法は、核酸医薬と同じ?

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

■核酸医薬は、サイトカイン療法とは全く違います

Nat. Med., 14:939-948,2008に発表されているように、核酸医薬とは異常な遺伝子の働きに対して、それを抑制するように作用する新医薬品である。医師主導治験により、世界初の核酸医薬による乳癌治療薬の承認を目指せる。
•乳癌の細胞では抗がん剤に対して抗がん剤の耐性を獲得するためRPN2遺伝子を発現させる。
•RPN2の発現を抑制するためのsiRNAを癌細胞に導入した。
•悪性乳癌の癌細胞に対してアポトーシスを起こさせる。

■サイトカイン療法(培養上清液治療)

・サイトカインとは?
抗原が感作リンパ球に結合した時に、このリンパ球から分泌される特殊なたんぱく質の総称。これまでに、数十種類見つかっている。代表的なものにインターロイキン、インターフェロン、腫瘍壊死因子、ケモカイン、コロニー刺激因子、増殖因子などがある。いずれも、免疫系の調節、炎症反応の惹起、細胞の増殖や分化の調整、抗腫瘍作用に関係し、感染防御、生体機能の調節、様々な疾患の発症の抑制に重要な役割を果たしている。サイトカインやサイトカインの作用を阻害する物質(抗サイトカイン物質)を様々な病気の治療にも使っている(サイトカイン療法)。

核は細胞内にあるタンパク質を用いてサイトカインを作り、お隣の細胞に伝えたいメッセージを送る。 この細胞は長いメッセージを送れません。しかし、短いメッセージをいくつも作り出すことができます。 サイトカインの短いメッセージ1つでは、意味が伝わらないのでいろいろな要素を持ったメッセージを出します。複数の種類のメッセージが繋がることで、初めてちゃんとした文章として意味をなすのです。 そのため、治療に使う場合、単体のサイトカイン投与ではなく複数種類のサイトカインが詰まっている製剤が使われます。

・サイトカイン療法のメリット・デメリット
メリット
・身体に負担をかけずにがん細胞を攻撃する
・いつもの暮らしができる
・進行がん、移転がんにも効果がある
・早期がんなら根治の可能性もある
・体力の低下した患者にも治療可能
・他の治療と並行してできる
・再発・移転の抑制に有効
・緩和医療で予後改善が期待できる

デメリット
・基礎体力が落ちている人には効果が出にくい
・治療データの蓄積がない。
・免疫療法単独での治癒は難しい。
・免疫を活性化させても免疫抑制により効果が低下してしまう。
・治療のガイドラインが決まってない。
・保険適用外なため高額になってしまう。