末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

幹細胞培養上清は、痛みの治療に使っているって本当?


医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

当院は脂肪由来間葉系幹細胞培養上清の投与で、アンチエイジング、慢性疼痛、EDの治療を推奨しております。幹細胞培養上清は、医療分野でも研究開発が行われています。膝が痛い、腰が痛い、肘が痛いなど、各部位の痛み,ストレスによるEDからの回復が気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

老化と慢性疼痛(3ケ月以上続く痛みを言います)の関係は
1.がん性疼痛(cancer pain):がん組織由来、抗がん剤や放射線治療
2.神経障害性疼痛(neuropathic pain):感覚神経系障害、加齢によるもの
3.筋骨格系疼痛(musculoskeletal pain):筋骨格系障害、加齢によるものが多い
4.外傷後(post-traumatic)あるいは,術後の痛み (postsurgical pain)
5.内臓痛(visceral pain):侵害受容性痛 (nociceptive pain)であり炎症が原因
6.頭痛 (headache),口腔顔面痛 (orofacial pain)
7.一次痛 (primary pain):疼痛症候群(pain syndrome); 精神的苦痛(emotional distress),
過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome),線維筋痛症(fibromyalgia)
これらの患者様も慢性疼痛患者様の対象になります。

老化により痛みが感じやすくなる
・高齢者は若者より痛みを感じる
・(熱さ、圧痛、侵害反射Nociceptive reflexes実験)
老化により神経軸索が変性する
・高齢者になると慢性疼痛や神経障害性疼痛が高い割合で見られるようになる。形態的には有髄、無髄神経共に消失や変性が観察される。
・老化による末梢神経の変性は、主に神経線維のAδ繊維(Aデルタ繊維)の末梢終末に見られる。
老化により大脳のミクログリアが変化する
・中枢神経系(脳)のミクログリアmicrogliaは非活動型と活動準備型(活動型)の2型が知られている。
・老化した脳のミクログリアは活動型である。
・老化によりミクログリアは活動型となり、その後の炎症反応に対して過度な反応を示す。
老化により肥満細胞mast cellが活性化する。
・肥満細胞は大脳皮質、海馬あるいは脳下垂体に局在しており、セロトニン、ヒスタミン、TNF-αを放出して、神経障害性疼痛を起こす。
痛みと炎症
・侵害受容性痛nociceptive painは炎症性サイトカインinterleukin(IL-1, IL-2, IL-6)は痛みとその強さに関係しているとしている。
・TNF-α(腫瘍壊死因子)も筋骨格系の神経障害性疼痛の進行と関係しているとしている。

私たちの体は、怪我をして体の組織が損傷すると、痛みを発生しますが、怪我が治れば、痛みはなくなります。けれども、怪我が治ったけれど、その後に痛みが続くときがあります。また、四十肩や五十肩のような老化による痛みや、慢性的な膝や腰の痛みについては、一時期的に薬を飲んで抑えることはできても、なかなか痛みが取れることがなかったりします。そういう症状に悩まされている場合は、幹細胞培養上清液治療が効果的です。

幹細胞培養上清液には、サイトカインというタンパク質が豊富に含まれていて、このサイトカインには体内に体内の損傷を受けた組織や細胞の機能を回復する働きがありますので、幹細胞培養上清液が体内に入ることによって、サイトカインの力で、体内の損傷している部位の細胞が活性化し、様々な組織機能を回復してくれるのです。なお関節の場合の治療方法は、関節内に幹細胞培養上清液を注入していきます。そして関節の炎症を抑え骨膜などを再生していくのです。