末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

話題の「大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)」って!? どんな効果があるの?

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

わたしたちの体内を巡る血液には、体の隅々まで酸素や栄養を運ぶと言った非常に重要な役割があります。
しかし、生活習慣の乱れやストレスなどで血液がドロドロになってしまうと、血流が滞り、酸素や栄養が行き渡らなくなってしまうのです。
十分な栄養を補給できなくなると、それぞれの臓器の機能や免疫力は低下、重大な病を引き起こす可能性も高くなります。
ドロドロになった血液を改善するためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

今回は、血液をサラサラにすると言われている「大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)」についてお話します。

血液がドロドロのままだと……

ドロドロの血液をそのまま放っておくと、身体にさまざまな悪影響を及ぼします。
始めにお話ししたように栄養が行き渡らなくなるのはもちろんのこと、体内の老廃物を回収・排出することもままならなくなってしまうため、むくみや肥満の原因となります。

さらに、高血圧や動脈硬化、肝臓病といった生活習慣病をはじめとする疾患を引き起こす原因にも。
また、集中力・思考力の低下や不眠といった不調にもつながるため、ドロドロ血液は心身の両方に悪影響を及ぼすと言えるでしょう。

大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)とは?

大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)は別名「オゾン療法」とも呼ばれています。ドロドロになった血液の一部を取り出し、オゾンで浄化してサラサラにした後再び体内に戻すという治療です。
一度取りだした血液にオゾンを投入することで血液が活性化され、その血液が再び体内に行き渡ることで、体の隅々にまで酸素が行き渡るようになるのです。

ヨーロッパ諸国では、代謝の改善や免疫力の向上などに効果的な治療として広く認知されています。

大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)の効果とは?


大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)によって体内の血液を活性化することで、以下のような効果が期待されます。

■血流改善……肩こりや腰痛、冷え性などの慢性的な疾患の改善
■活性酸素の減少……細胞の老化予防(エイジングケア)、臓器の機能促進
■被ダメージ細胞の修復……慢性的な疲労や筋肉痛の改善
■抗アレルギー作用……花粉症やアトピーなど、アレルギー性疾患の改善

その他にも免疫機能を活性化させる効果や鎮痛効果が期待できるため、慢性的な体の疲れや痛みを感じている方、病気がちな方などにはとくに効果的とされています。

ドロドロ血液が与える悪影響と、血液をサラサラに変える大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)についてお話しました。
体の不調が続いている、疲れが抜けにくいという症状は、全身の血液がサラサラになることで改善されるかもしれません。

健康維持やエイジングケア、体の慢性的な疲労の改善に、大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)を行ってみるのはいかがですか。また、がん治療にオゾン療法をご検討ください。