末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

幹細胞培養上清治療にはどんな方法があるの?

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

幹細胞を培養するときに、幹細胞は500種類以上のタンパク質を含む成分を分泌します。 分泌液の中にはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれて、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たします。老化などにより衰えた細胞の回復を後押しするため、美容に対するさまざまな効果が期待される治療法です。幹細胞を培養した培養液の上澄みは培養上清といわれ、何百種類もの成長因子が含まれています。この培養上清を用いた治療は、抗酸化作用、創傷治癒効果、シワ改善防止効果など美容、毛髪再生などに効果が期待されています。
間葉系幹細胞は液性因子の産生により、抗炎症、免疫調整作用を示す。間葉系幹細胞培養上清は、動脈硬化の形成と進行を抑制、血管内皮細胞及びマクロファージに対する抗炎症作用を示すことを明らかでもあり、医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックの独自な治療方法としては、動脈硬化の予防に幹細胞培養上清を用いた静脈点滴療法を行います。幹細胞培養上清は組織の損傷部位に自然と遊走し、その組織を修復する性質を持っています。血管のほかに、皮膚や関節は直接注射をし、損傷部位に細胞を到達させることが治癒への近道です。しかし、体内には直接注射することが出来ない部位も多く存在します。むしろ、そのような部位の方が多いでしょう。そこで、幹細胞培養上清を血流に乗せ障害部位まで到達させることが出来たら、これは多岐にわたる部位を修復させることが出来ます。
幹細胞培養上清治療には、下記の方法があります。

点滴(静脈内への全身投与)

点滴による静脈への投与の利点は、体内には直接注射することができない部位に幹細胞培養上清液を到達させることができることです。点滴に幹細胞培養上清液を入れて、ゆっくりと静脈内に投与すると、体内全体の傷ついている部位の細胞が活性化します。また老化現象を起こしている組織機能も回復してくれます。なお、上清に含まれるインスリンの影響で低血糖症状を起こす可能性があるので、その場合は、投与前後に血糖値を上げるため糖分の摂取し、また投与中は簡易血糖測定器にて血糖の状態を確認することになります。

局所注射(皮下・筋肉、関節内・損傷部位への投与)

膝や肘の慢性的な痛みの治療に用いられます。局所に注入するので、効果的に、その部位の細胞分裂が活発になり組織の再生が期待できます。頭皮へ注入すると、発毛や育毛の効果が期待でき、また勃起不全(ED)においてもその効果が期待できるため、悩みを抱えている男性の方には有効な治療となります。もちろん毛髪が薄くなった女性の方にもお勧めです。

直接皮膚に塗る投与および点鼻投与

皮膚に塗ると、肌荒れやアトピー性皮膚炎に効果が期待できます。頭皮に塗ると、育毛促進効果も得られます。さて、なぜ、幹細胞培養上清液を体内に投与すると、細胞が活性化するかと言いますと、幹細胞培養上清液には、幹細胞から分泌された様々なサイトカインが豊富に含まれているからです。サイトカインは、細胞から分泌されるタンパク質で、体内の傷ついた組織や細胞の機能を回復する作用を持っているので、それゆえ細胞が活性化するのです。
詳しくは、