末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

がんの治療が目的の食事療法 その1


医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

癌と食養 自然療法による癌治療 その1
~Cancer Therapies by Naturopathy


癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

癌体質

癌の「成長」「増殖」「転移」「悪性化」に直接的に関わり、癌の悪化・進行に最も大きな影響を与えている「酸性体質」と「酸化体質」についてお話ししています。「酸性体質」と「酸化体質」は、癌における二大『癌体質』であり、この「酸性体質」と「酸化体質」を改善することこそ、「癌の根本治療」となり得るのです。体内に癌の塊を生み出しているのは、癌体質なのです。
体内に現れている癌の塊は、癌体質の産物にすぎません。癌は『癌体質』の「末端現象」として生じています。癌を根本的に改善して治していきたいのなら、体内の“癌の塊”に目を奪われるのではなく、姿なく目に見えない「癌の本体」である『癌体質』に目を向け、この『癌体質』を改善するべきです(ただ、当然ながら、“癌の塊” の状態を認識することは大事です。糖質制限をして癌に「ブドウ糖」を与えないようにして自然抑制したり〔ブドウ糖は「癌の唯一の餌」ですから、癌をよく育てます〕、“癌の塊”が大きくなっている時には「アミグダリン(ビタミンB17)」などを利用して癌を直接「叩く」ことで制癌しながら自然抑制することも必要です。
しかし、それだけで癌が治るわけではないのです。「癌の完治」とはあくまで『癌体質の改善』にありますから、体内の “癌の塊”「だけ」に捉われるのではなく、癌の根本的原因である『癌体質』を改善することに重点的に意識を向けて頂きたいと思います)『癌体質の改善』こそが「癌の根本治療」であり、『癌体質』を改善すれば「体内に癌を生み出さなくて済む体」になります。この時、「癌が完治した」と言えるのです。体内に癌が生み出される懸念があるうちは、いくら体内の癌が消失しようとも、「癌の完治」とは決して言えないのです。
毎年30万人もの癌患者が、癌で死なずに、抗がん剤が原因して推定脂肪しています。これは医療機関から正式に発表されている事実です。抗がん剤は「アメリカ国立がん研究所」が指摘したように「増癌剤」なのです。〔抗がん剤がなぜ「増癌剤」になるのかと言いますと、『抗がん剤は、強い酸化力で癌細胞を殺すのと同時に、体を酸化させてしまう「酸化剤」である』からです。この理由が大きいのです。

癌体質とは、
● 体内に癌を生み出す原因(癌化要因)が多くある「体の状態」になっている ⇒ 発癌要因
● 体内の癌が成長・増殖・転移・悪性化する「体の状態」になっている ⇒ 育癌要因
● 体内の癌が悪化・進行する「体の状態」になっている ⇒ 癌の進行要因

『癌体質』というものは、次のように様々あります。
● 血液の汚れ
● 腸内の汚れ
● 腸内細菌の乱れ・破壊
● 腸内と血液が汚れることによって発生した細菌・ウイルス・カビによる血液の汚染 ⇒ 癌化
● 腸内に溜まった古便・停滞便である宿便が体内に撒き散らしている「毒素」「酸毒」
肉食(獣肉食)を多食すると、腸内に「酸性腐敗便(参照1・参照2・参照3)」という宿便が溜まる
「酸性腐敗便」は「酸毒」を発生し、血液・体液を「酸毒」で汚染している

腸内に溜まった宿便は、体内で「毒素」「酸毒」を撒き散らして、血液・体液を汚染している
宿便を排泄して体内から排除するまでは、血液・体液への「毒素汚染」「酸毒汚染」は止まない
ゆえに、宿便は半永久的な「毒素発生装置」「酸毒発生装置」と化しており、血液・体液を汚染し続ける
● 食品や日常用品から体内に取り込んだ化学物質・化学化合物による癌化

⇒ 化学物質・化学化合物、重金属は体内に入ると大量の活性酸素を発生させ、 酸化ストレスが増大し、癌につながっていく!
● 代謝機能の低下・不具合・機能不全・異常
● 免疫機能の低下・免疫異常
● 間違った食事、特に、肉食(獣肉食)の多食による「体内の酸性化」
〔 血液・体液の pH が正常な「弱アルカリ性(pH7.4前後)」から、異常を生み出す「酸性」に傾く 〕
● 肉食(獣肉食)の多食によって引き起こされる『血液の酸毒化』
● 糖質(ブドウ糖)の過剰摂取による、細胞内の「乳酸」の蓄積 ⇒ 乳酸アシドーシス ⇒「酸毒」の蓄積
● 悪い生活習慣・社会環境が原因して大量に発生している活性酸素による癌化、及び「体内の酸化」
● その活性酸素を体が処理し切れないために起こる「酸化ストレス」の上昇 ⇒「体内の酸化」
● 酸化した飲食物(酸化物質)を摂取することで起こる「体内の酸化」
● 体液の「酸化還元電位」の プラス化による「体内の酸化」⇒ 酸化傾向
〔 体液の正常な「酸化還元電位」は マイナス250(-250)です ⇒ 還元傾向 〕
● 体内に発生した「酸毒」の体内汚染(体内の酸性化)による「酸性体質」
●「体内の酸化」の蓄積による「酸化体質」

上記の『癌体質』を改善する上で絶対に必要なのが『食事療法(栄養療法・食事改善)』です。これもなく、上記の『癌体質』を根本的に改善する術を私は知りません。『食事療法(栄養療法・食事改善)』とは、癌治療における基本・基盤・母体・土台を成すものです。
癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』の改善にある!
~重篤に悪化した「酸化体質」の前には、食事療法ですら無意味と化す~
● 癌治療において留意すべき二大要項 「(1)体内の酸性化 」と「(2)体内の酸化」
● 「体内の癌が消滅した」=「癌の完治」ではない!〔 肉(獣肉)を多く食べる「糖質制限食」は、本当に正しいのだろうか・・? 〕
● 重篤な「酸化体質」の体に栄養を取り込んでも、栄養素が酸化されて「酸化物質」になる!
酸化した栄養素では、栄養素の機能・役割を果たせない! ゆえに、重篤な「酸化体質」の前には、食事療法すら無意味と化す!
● 癌治療において、食事療法を盲信してはならない!癌治療で食事療法は必須だが、食事療法が通用しない癌患者には、まず、食事療法よりも先に、適切な治療のほうを優先すること!
● 自分なりに「抗酸化治療」「酸化還元治療」を導入して活用し、「酸化体質」の改善を図りましょう!

続き
詳しくは下記まで
info@drandy.com