末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

花粉症の時期に高濃度ビタミンC点滴で予防と症状改善!


医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

濃度ビタミンCは、がん予防に役に立つ以外、花粉症のようなアレルギー症状改善にも有効性は注目されています。高濃度ビタミンC点滴療法とアレルギーに関する2018年の文献を、1つ紹介させていただきます。
論文名:「Intravenous vitamin C in the treatment of allergies: an interim subgroup analysis of a long-term observational study」 Journal of International Medical Research 0(0), 2018
【論文概要】
目的:酸化ストレスは、アレルギー性疾患の病因における重要な要因であり、アレルギー治療における潜在的な治療標的であると思われます。アレルギー性疾患は、重要な生理学的抗酸化物質であるアスコルビン酸の血漿レベル低下と関連していると報告されています。アスコルビン酸塩は、免疫系の防御能力を低下させることなく過度の炎症を防ぎます。
方法:アレルギー関連の呼吸器または皮膚の徴候をもつ71人の患者に対して、ビタミンC点滴(PascorbinV R)による補助薬物療法中に、疾患による特異的症状と非特異的症状(疲労、睡眠障害、うつ病、および精神的集中力の欠如)の変化を調査するため、多施設で、見込みがあり、実測的な研究による中間解析が実施されました。
結果:治療の開始から終了までの間に、3つの疾患特異的症状の平均合計スコアは4.71ポイント減少し、4つの非特異的症状の平均スコアは4.84ポイント減少しました。患者の50%以上がビタミンC以外にアレルギー関連の薬を服用していません。
結論:我々の観察は、高濃度ビタミンC点滴による治療がアレルギー関連の症状を軽減することを示唆しています。我々の観察は、無作為の研究を計画するための基礎を形成します。
高濃度ビタミンCについてのお問い合わせは、医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックまで。