末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

がんにDr. Andy's Iodine LF ヨウ素。治療よりも「予防」です

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

令和元年5月1日から、コロイトヨードは、新たにDr. Andyが院内で調剤する「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」に代わりました。当院のDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法については、さらなる治療効率を独自に追求するため、当院オリジナルの処方により「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」を院内で調剤して患者様の治療に供することとしました。また、点滴に用いる製剤に関しては、必ず事前にエンドトキシンの検査を実施しております。

ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンCなどの補助療法のほかに、エクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。最近は、がん検査、がん治療、がん予防、末期がんなどについての質問は多く来ております。

がんの予防

①禁煙や食生活の改善を

近年の研究により、からだの細胞の中にあるがん遺伝子(いでんし)やがん抑制遺伝子に傷がつくと、細胞ががん化し、増殖(ぞうしょく)していくことがわかってきました。このようながんを発生させる環境要因の約3分の2は食品とたばこで、そのほか、ウイルス感染、放射線、大気汚染、特定の感染症や職業(たとえばアスベストを扱う人に肺がんが多い)などとされています。

②禁煙はがん予防の第一歩

食品やたばこなどには、イニシエーター(がんを発生させる起因物質(きいんぶっしつ))とプロモーター(がんを発育させる促進物質(そくしんぶっしつ))が含まれていて、この2つの段階の発がん物質が作用して、細胞はがん化するといわれます。たばこの煙(けむり)には両方が含まれるうえ、数十種類の発がん物質が入っていて、がん発生の確率は非常に高くなります。非喫煙者(ひきつえんしゃ)に比べ、1日30本吸う人のがんになる危険度は、肺がんで約6.8倍、喉頭(こうとう)がんで約48倍という調査報告もあります。その他、ほとんどの部位でがんが発生しやすくなります。喫煙開始年齢が早いほどがんになりやすく、また、喫煙者の周囲の人も受動的に煙(副流煙(ふくりゅうえん))を吸わされていると、がんになるリスクが高くなります。禁煙はがん予防の第一歩なのです。

③食生活を改善する

食品に含まれる成分のなかには、がん化を促す物質や抑える物質がいろいろあることがわかっています。偏(かたよ)らず、品数を多くして、バランスのとれた食事をとることが、がん予防には望ましいといわれます。控えたい食品 塩分濃度の高い食品を多く食べる地域の人には胃がんが多いといわれます。塩漬(しおづ)けなどの摂取を減らすことが胃がんの予防に重要です。また、動物性脂肪のとりすぎは大腸(だいちょう)がんや乳がんなどの発生を促し、多量の飲酒も肝がん、大腸がん、前立腺(ぜんりつせん)がんなどのリスクを高めるといわれます。摂取したい食品 とくに、ビタミンCやEなどを豊富に含む緑黄色野菜や果物、緑茶などは、胃がん、大腸がん、肺がん、子宮がんなど、多くの部位のがんに対して予防効果があり、食物繊維(しょくもつせんい)を多く含む食品は、大腸がんの予防に効果があるとされます。

④がん予防の12か条

国立がんセンターでは、日常生活で実行するとがん予防に効果が期待できることとして、つぎのような「がんを防ぐための12か条」を提唱しています。
①バランスのとれた栄養をとる。
②毎日、変化のある食生活を心がける。
③食べすぎを避け、脂肪は控えめに。
④お酒はほどほどに飲む。
⑤たばこは吸わないようにする。
⑥食べ物から、適量のビタミンと繊維質のものを多くとる。
⑦塩辛いものは少なめに、熱いものは冷ましてから食べる。
⑧こげた部分は避ける。
⑨かびの生えたものに注意する。
⑩日光に当たりすぎない。
⑪適度にスポーツをする。
⑫からだを清潔に保つ。

がんの一次予防と二次予防

がんの発生要因となる物質になるべく触れず、発がんを抑制する食品を積極的にとるようにして、がんの発生を防ぐことを一次予防といいます。これに対して、がん検診などで早期にがんを発見し、早期治療を行なって、がんで死亡するのを防ぐのが二次予防です。がんの診断技術の進歩によって早期がんの発見率は高くなっています。定期的に検診を受け、がんが進行しないうちに治すことがたいせつです。また、将来に期待されるがん予防の手段としては、遺伝子診断(いでんししんだん)があります(コラム「がんの遺伝子診断」)。すでに特定のがんになりやすい体質をもつ、いわゆるがん家系では、がん遺伝子を調べることにより、健康な段階でがんの発生を予知できるようになっていますし、スクリーニング(ふるい分け)検査(がんを見つける検査の「早期発見をめざすがん検診」のがん検診のスクリーニング検査)の段階でも、重点的に検査することで早期にがんを発見して、早めに予防対策をとることが可能になりつつあります。

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素に関するコラムはここから
がん治療には、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素と大量自家血オゾン療法
http://future-drandy.com/new/3061/
Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素で糖尿病を治しましょう。
http://future-drandy.com/new/3411/
オゾン療法(血液クレンジング)
http://future-drandy.com/new/2829/
オゾン療法(血液クレンジング)
http://future-drandy.com/new/3093/