末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

膝が痛いよ!腰も痛い!膝関節全体的に慢性疼痛で悩んでいます!

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

地球規模での高齢化は進んでいる

最近話題になっている高齢化ですが、国連の調査(2015)によると、地球上において、2015年60歳以上は12.3%、2050年21.5%となる地球規模での高齢化社会になります。日本も、総務省、報道資料(2017)によりますと、2017年65歳以上は27.7%, 2040年35.5%となります。
老化と慢性疼痛(3ケ月以上続く痛みを言います)の関係は
1.がん性疼痛(cancer pain):がん組織由来、抗がん剤や放射線治療
2.神経障害性疼痛(neuropathic pain):感覚神経系障害、加齢によるもの
3.筋骨格系疼痛(musculoskeletal pain):筋骨格系障害、加齢によるものが多い
4.外傷後(post-traumatic)あるいは,術後の痛み (postsurgical pain)
5.内臓痛(visceral pain):侵害受容性痛 (nociceptive pain)であり炎症が原因
6.頭痛 (headache),口腔顔面痛 (orofacial pain)
7.一次痛 (primary pain):疼痛症候群(pain syndrome); 精神的苦痛(emotional distress),
過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome),線維筋痛症(fibromyalgia)
これらの患者様も慢性疼痛患者様の対象になります。

当院は、膝関節の様々な症状に対して最先端医療などを用いて行っております。最先端医療としては、変形性膝関節症には、ヒト幹細胞培養上清液療法を行います。ヒト幹細胞培養上清液療法。既成の脂肪由来幹細胞を培養した時の培養液(上清液)を膝関節内に注射にて注入するのが、ヒト幹細胞培養上清液療法です。培養上清液自体は細胞そのものではないのですが、何百種類もの成長因子が含まれています。効果作用期間は自己の脂肪を吸引する脂肪幹細胞療法よりも短いですが、同程度の修復期間が一定の期間ではありますが見込めます。既製製剤ですので、即日の施術が可能です。

男性・女性ともに老化による身体の各部位の衰えは避ける事はできません。老化は、歳を重ねることにより人の組織や細胞機能が低下し再生能力の衰えが主な原因です。膝、肩、腰の痛みは関節や筋肉の衰えによる障害が原因です。ヒト幹細胞培養上清液療法を行えば細胞機能の低下で失われた若々しさを取り戻すことが可能になります。また、スポーツ・アスリート関係の筋肉、腱、骨など身体的なパフォーマンスの向上や障害の治療にも、ヒト幹細胞培養上清液療法は大きな可能性と注目を浴びています。障害として発症する前から身体の衰退は見られます。培養した幹細からの培養上清液を投与することにより、組織の衰えや細胞機能の低下で失われた若々しさを取り戻すことが可能になります。変形性関節症、変形性股関節症、四十肩などでお悩みの方にはとても効果的な療法です。ドクターアンディーズクリニックではさまざまなお悩みにそれぞれの方のニーズに合わせた療法を行います。

疼痛は、1979年の国際疼痛学会(IASP)で、「実際の組織損傷、あるいは潜在的な組織損傷と関連した不快な感覚 的・情動的体験」と定義されている。 その中でも、「疾患の治療に要すると期待される期間を超えて持続する痛み」と定義される「慢性疼痛」は、疼痛の存在自体が疾患と考えられている。慢性疼痛を抱えることによって、不安、抑うつ状態などの精神・心理的不安定を引き起こし、症状を増悪・複雑化するとともに、患者の日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)の著しい低下につながる。

疼痛はその原因によって、「神経障害性疼痛」、「侵害受容性疼痛」、「心因性疼痛」に分類され、これらは混在する場合や影響し合う場合がある。侵害障害性疼痛や神経障害性疼痛の薬物治療法は、日本ペインクリニック学会のガイドライン(標準治療)として示されている。しかしながら、現状、標準治療では、疼痛のコントロールが十分できない症例が多数存在する上に、継続的な薬物使用による副作用の問題も指摘されている。さらに、「麻薬中毒の心配」、「副作用の心配」などの理由から、オピオイドによる疼痛緩和を望まない患者も少なからず存在する。 そのため、新しい治療法の提供が急務であり、ヒト幹細胞培養上清液療法は、標準治療が奏功しない慢性疼痛を有する患者、オピオイドなど他の治療法を選択したくない患者を対象として、 ヒト幹細胞培養上清液療法による慢性疼痛緩和治療を行なうことを目的とする。慢性疼痛患者にとって、治療の選択肢の拡大の点でも意義があり、患者個人のADLやQOL向上はもとより、健康寿命の延長による、社会の活性化に繋がると期待できる。