末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

免疫細胞療法のお話しって何ですか?

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

~体内に入り込んだ異物を排除する仕組み~
体の中で、自分の体の細胞ではないものを異物と呼んでいます。異物は、例えば、ウイルスや細菌です。もともと、体には、そのような異物が入ってくるのを防いだり、入ってきた異物を排除したりして体を守る抵抗力が備わっています。そのような体の仕組みを免疫といいます。
免疫という仕組みで、中心的な役割を果たすのは、血液の中にある免疫細胞の一つである白血球です。白血球と、白血球に異物の情報を伝える役割をする樹状細胞をまとめて、免疫細胞と呼んでいます。
免疫には、生まれつき備わっている自然免疫と、生きていく中でさまざまな異物と接触することで得られる獲得免疫とがあります。自然免疫は、異物の種類に関わらず反応しますが、獲得免疫は異物の種類ごとに異なった反応をします。
~各免疫細胞の特徴~
自然免疫では、白血球の種類の中でも、NK細胞は異物に攻撃を与えます。
獲得免疫では、B細胞は異物に個別に働く抗体を作って、異物を無害化したり貧食されやすくしたりしますし、T細胞は、サイトカインと呼ばれる物質をつくり、B細胞に抗体をつくるように促したり、ほかのT細胞による異物の排除をしやすくしたりします。
そして、自然免疫でもあり、獲得免疫でもある、NKT細胞は、T細胞とNK細胞の両方の働きを併せ持ち、素早く異常細胞を発見して攻撃します。
~私たちの体の中で起こること~
私たちの体は、体の中で発生したがん細胞を、免疫という仕組みにより、異物と判別して排除しています。けれども、免疫が弱まった状態であったり、がん細胞が免疫から逃れる術を身につけて、免疫にブレーキをかけて免疫を弱らせることにより、がん細胞を排除しきれないことがあります。免疫細胞療法とは、私たちの体の免疫と強めることによって、がん細胞を排除する治療法です。
ドクターアンディーズクリニックでは、がん免疫療法を行っております。
http://future-drandy.com/all/meneki/
免疫細胞療法ことを詳しく知りたい方はご相談ください。