末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

幹細胞はアンチエイジングで、顔のたるみ・しわを取る治療でしょう!

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

iPS細胞

 ES細胞

実は、幹細胞再生医療は、もっと深い意味を持つ最先端医療です。再生医療とは、「患者自身の細胞・組織又は他者の細胞・組織を培養等加工したものを用いて、失われた組織や臓器を修復・再生する医療のこと」である。失われた機能や組織を細胞や再生組織で補うことにより、根本的な治療を目指す医療であり、治療が困難な疾患に対する新たな治療法を提供できる可能性が期待されている。

 近年の再生医療分野の進歩は目覚ましいが、再生医療等製品として認可されたものは世界的にも限られる。再生医療は概して個別性の高い医療であり、治療効果、安全性、費用、既存治療に比較した優位性など、新たな治療法として普及するには取り組むべき課題も多い。日本では201411月に「医療品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(医薬品医療機器等法)と併せて、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」(再生医療等安全性確保法)が施行され、再生医療の製品化が迅速に安全に進められるような法整備も進められている。

 ここから、再生医療の概要、幹細胞の種類、既存治療との位置づけなどを話してみますね。

 幹細胞は自己複製能と多分可能の二つの性質をあります。体性幹細胞、胚性幹細胞(ES細胞)および人工多能性幹細胞(iPS細胞)などがあります。1999年には、足場材(スキャフォールド)二細胞を播種し、成長因子の存在下で組織形成を誘導するという組織工学の概念が提唱されました。

 体性幹細胞

自身の細胞または他者の細胞を用いて、疾患の予防・治療する細胞治療も行われている。がんに対する免疫細胞療法などがあります。幹細胞には増殖能と多分化能があり、そのため幹細胞は再生医療の細胞源として有用である。ES細胞は、受精卵を材料として作製されるため、倫理的な問題をもつ。iPS細胞は、体細胞から作製されるため、倫理的な問題とはなりにくい。または、他家移植では血液型や免疫適合性など患者の体質に適する組織が求められるという点で自家移植にはない要件が必要である。一方再生医療は従来のバイオ医薬品や低分子化合物を用いた医療に比べ、汎用性が低く、個別性の高い治療である。