末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

はたらく細胞は、複雑なプロセスを経て組織・細胞を再生します。

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

偽関節症 

再生医療とは、傷害を受けた組織において、細胞を移植することによって正常に近い状態に戻そうとする医療である。細胞や細胞からなる組織を移植することによってその機能が回復し、元通りになることを再生と呼びます。幹細胞移植によって生じる再生過程、創傷治癒過程については、非常に複雑となっています。再生能力は組織によって異なるばかりか、種によって異なる。下等な動物ほど再生能力が高く、ヒトでは複雑な再生は生じない。更に加齢によって、低下し、老人では皮膚欠損や骨折が治癒しにくい。ヒトの細胞は、その種類によって再生能力が全く異なっています。具体的に、表皮、上皮、間葉、血管、造血における再生を学び、その再生能力の違いを学ぶことによって、どのような細胞を原料として、選択するかを決めることが出来ます。
 
ヒトにおいては、再生能力の強い組織、弱い組織、再生能力のない組織があり、それぞれの組織の修復様式は異なります。創傷とは、体表面を護る皮膚及び内蔵臓器・組織の損傷を含む欠損を言う。このような創傷が生体反応によって治癒に向かう現象を創傷治癒を称する。このような創傷治癒はステージごとに細胞移植における効果が異なる。創傷治癒の典型的な経過をたどる骨折の治癒過程があります。その過程が生理的にうまくいかないことで癒合の遷延を生じます。細胞移植により、癒合を促進することが出来ます。
 
もう少しの例を挙げてみましょうね。
 
再生の能力の弱い組織・細胞である骨格筋や平滑筋はよわいながらも、再生能力を有しています。骨格筋の再生能力はわずかであり、消化管の平滑筋はゆっくりと再生します。
心筋細胞、神経細胞、虚血・梗塞といった病的な状態において、再生はしません。
未熟な間葉系細胞の再生能力は高い。また、多分化能を持ち、骨、軟骨、脂肪組織といった支持細胞の中でも特殊に分化した細胞になります。
 
一方、再生組織が過剰に形成されることがあり、過剰再生と呼ばれます。移植した細胞により、過形成、良性腫瘍、悪性腫瘍を生じる可能性があります。
 
表皮は再上層の細胞が生理的に絶えずに変性・剥奪し、基底部にある細胞の再生によって捕われています。このような表皮の再生機構に基ずいて、表記製品が開発されました。
 
最後に、創傷治癒の典型的な経過に骨折の治癒過程があります。骨折断端の部分が癒合しないと偽関節症となります。偽関節症の部位に骨芽細胞を移植することにより、骨折断端部分の癒合を促進します。

偽関節

再生医療幹細胞移植についてのお問い合わせは
医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックまで