末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

CTC(血中遊離癌細胞)の最新情報の一つ


医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

がん治療を行うとき、がん幹細胞ニッチ(微小環境)を知らないといけない!
がん幹細胞の周囲には「幹細胞ニッチ」が存在しています。
つまり、幹細胞ニッチは、がん幹細胞の〝ゆりかご〟の役目を果たす黒幕のような存在です。
がん幹細胞を取り囲む幹細胞ニッチは、「間質細胞・免疫細胞(白血球等)・血管内皮細胞・その他」で構成されています。
そのような幹細胞ニッチはがん幹細胞にとって好ましい存在であるのは言うまでもありませんが、特に血液中では、がん幹細胞がニッチ細胞をつくり出し、それを自らの生息のために利用するという報告もあります。
そもそも、幹細胞ニッチは、正常の組織幹細胞の生存・分裂を調節するものです(ケガをした箇所の修復等)。
その機序をがん幹細胞は自身の生存・分裂に利用し、反映させています。
こうして、幹細胞ニッチによって、がん幹細胞は、免疫や低栄養、低酸素などに左右されず育っていきます。
また、幹細胞ニッチの性質が変化することで、がん幹細胞は急激に増大することもあれば、縮小することもあります。
進行性のがん治療を行う場合、このニッチ細胞の存在を忘れてはいけないのです。
最新の研究から、“幹細胞ニッチ”は細胞毒性をもった抗がん剤から、がん幹細胞を守る“盾”としての機能をもっていることが分ってきました。
そして、‘cluster CTC’として解釈されているCTM(circulating tumor microemboli)はその幹細胞ニッチのひとつです。
成体幹細胞(正常)もガン幹細胞も、
・分化と脱分化を行ったり来たり。
・分化した細胞も再プログラミングされ幹細胞に脱分化。
・常にニッチに一定量の幹細胞を存在させる。
ガン幹細胞の場合は、
・当初はニッチシグナルに依存し、腫瘍組織を形成するが、しだいに遺伝子変異が積み重なっていくと、 ニッチに依存しなくなり悪性化が進行する。
・EMT(CTCのType.2)は転移先に到達すると、上皮状態を復帰(Type.1)させるなど、そのダイナミズムも次第に明らかに されつつあります。
2017年ネイチャーメディシンによる
続き