末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

CTC (血中遊離がん細胞)検査では、がん転移とがん幹細胞が分かる

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

一般的にがんは、組織の最表面に位置する上皮組織から発生して、上皮と結合組織を区切っている基底膜を分解しながら組織浸潤を起こします。そして血管やリンパ管に侵入し、周辺や他の臓器へ生着して転移が生じます。こうした転移の過程で血管内に侵入したがん細胞をCTC (Circulating Tumor Cells)を、血中遊離がん細胞と呼びます。
CTC検査は血液1 mlあたりに含まれる約数十億個の血球に対して、数個から数十個程度しか存在していないと言われ、様々なCTC検出法が開発されてきました。具体的に、現在のがんの進行状態を評価することができます。CTCの数を測定し、CTC上に発現している遺伝子の種類と内容の検証を行うことにより、再発・転移を超早期に予測し早い段階で対策を立てることができます。また、定期的にCTC数をフォローすることにより、治療効果の判断材料になります。
また、CTC検査は従来のがんの診断法(PET-CT, MRI)と比べてはるかに早期に発見することができるため、早期がんの病態把握をするために必要な情報が得られることができます。PET-CT, MRIと併用することで、治療方針や効果を評価しやすくなります。
医療法人社団悠健Dr. Andy‘s Clinicでは、独自の研究施設をかまえ、研究を続けているため、CTC検査から更にどこの臓器に転移しているのか、どの程度存在しているのかを測定することが可能となります。他社ではここまで詳しく評価することは出来ません。
さらにがんエッセンシャル統合医療を組みあわせていくことで、がん細胞を壊し正常な細胞の働く効果を強くすることが実現できます。また、がん幹細胞よう細胞(cluster CTC)の探知、cf DNA, exosome DNA, intact CTC, cluster CTC, がんの微小環境、(ニッチ)などなどを見ることも可能となりました。がんを治療するということは、がん細胞を生きづらくする身体の環境作り、食事、打ち勝つ免疫力など、さまざまな要因とアプローチが必要です。薬を飲めば治るということは、現代医療では難しく、認可されている抗がん剤は副作用として、正常細胞にもダメージを与えてしまいます。
医療法人社団悠健Dr. Andy‘s Clinicのがんエッセンシャル統合医療は、人の身体や細胞の仕組みを理解、考慮して、研究を重ね考えられた治療方法となっています。
がんエッセンシャル統合医療について詳しくは、医療法人社団悠健Dr. Andy’s Clinicまで。