末期がんヨウ素治療 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック

  • TEL03-3401-0756

早期がん、進行がん、末期がんについて簡単に説明しますね。

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん治療の専門クリニックです。
平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。
ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。
リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。
ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。
また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
詳しくは
03-3401-0756まで
info@venusian.co.jp

さて、ここで、早期がん、進行がん、末期がんについて、簡単に説明しますね。
早期がんは、例えば胃がんの場合は、胃壁の内側表面の粘膜層(ねんまくそう)にがんが発生して、数年間はそこにとどまっていますが、少しずつ大きくなり、やがて粘膜下層(ねんまくかそう)にまで広がったがんです。
そして、進行がんの場合は、さらに下層の固有筋層(こゆうきんそう)に達し、転移(てんい)や浸潤(しんじゅん)が始まり、胃の内腔(ないくう)が増殖して盛り上がったがんです。
末期がんの場合は、がん細胞が固有筋層より下層の漿膜(しょうまく)(臓器のいちばん外側を包む膜)に侵入し、漿膜表面にまで達するようになると、腹膜(ふくまく)に転移してがん性腹膜炎をおこしたり、肝臓や肺、リンパ節に転移したりします。こうなると、全身状態は非常に悪い状態に陥(おちい)り、手術も不可能となります。これが末期がんです。
がんの多様性・可逆性の病態ネットワークの理解はがん治の第一歩になるではないかなと最近言われています。
がんは様々な外的・内的な要因により引き起こされるゲノム・エピゲノム変異が多段階的に蓄積することにより引き起こされる。ゲノム解析技術の革新的な進歩により、発がん要因により誘導されるゲノム変異のパータンにも、特徴がみられることも明らかになり、同一の個体内の複数の腫瘍間でも、異なることもわかってきました。一方、がんの発生及び、進展過程において、ゲノム変異以外の様々な変化の病態形成への寄与が知られている。
がん組織内には、生物学的な特性の異なる複数の幹細胞が存在し、これらの幹細胞間において環境に応じた可逆的な相互転換、上皮間葉転換、間葉上皮転換などにより、がんの微小環境に応じて自在の形質転換が認められる。がん細胞から分泌される液体因子や細胞外小胞体などを介して、がん組織内の多様な細胞集団間においても、複雑な情報交換を行われていることが示されている。がん悪液質状態は患者様のQOLを著しい悪影響を及ぼす。この悪液質は、患者の循環器障害を引き起こすことは分かりました。したがって、がん治療の際、循環器の状態を常に把握しなければならないと言われています。
がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。
医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック
03-3401-0720
info@drandy.com